ギャンブル依存を抑えるコツ日誌

ギャンブル依存性でも日常を楽しく。

764日目・今日はクリニック

おはようございます。今日も・・・

<パチmg src="//public.muragon.com/a58827ic/83jaohxh.jpg">

↑の朝ご飯催促で始まりました。

正確にいうと、これ書いたら二度寝します。

今日は通っている依存治療クリニックの通院の日になります。

2年と8ヶ月くらい?になりますか・・・。

といっても最初の7ヶ月目で、クリニックに行く為の保険証で、カードを作りスリップ。

家族・担当の先生にも嘘をつき、待ち時間・通院後に店に行き、借金を重ね最終的にどうにもならなくなり、カミングアウト・・・です。

だから、依存の怖さ、自身の愚かさは嫌という程味わいました。

あれから2年ちょい・・・。

毎月1回を基本に毎回、先生に話を聞いてもらいます。『禁のアドバイス』はもちろん、

自分の場合、間接的に原因になる『家族・嫁さんとのコミュニケーション』・『職場の悩み』・『日常雑談』・・・。

他人の人にここまで色々相談したことは今まで無かったと思います。

毎回、診察室で話し終わった後には、先生にスッキリした笑顔で『ありがとうございます』と言って去ることができるようにもなりました。

そうですね・・・。よく依存の原因を『パチンコ・スロット・お店・国』という方も多いと思いますが、現状パチンコ屋を無くす事はできますか?いえ、無理です。

だってパチ屋いってる人が全て堕ちわけでは無いですから・・・。

自分らは、ソレができず限度無く投資して今に至るわけです。

そこには自身のメンタルの改善も、

『絶対必要です』

依存が進むと内面も悪化し、自己中心的な思考、被害妄想、現実逃避が常になります。

『依存性は病気』確かにそう言われていますが、『病気』だから『依存性』だからは、逃げているだけの言い訳になってしまいます。

己が変わらければ周りも見える世界も変わりません・・・まずはそこから。

週末です、禁してる方は誘惑に負けず頑張って!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。